Bee's knees Farmers 《日本みつばちと共に暮らす》

ミツバチを通じて広く地域社会、環境、経済に貢献し、自然との調和、自然からの学び、自然からの恵みを大切にしています。

Not Photogenic

オスバチが集団で密集している。

 

まっ黒なので見た目も良くないし

なんか気持ち悪い!

 

f:id:do-one:20180407083711j:plain

 

擬人化して考えると

男ばかりの集団が何をしているのか?

むさ苦しい!

 

全員イケメンだったら華やかなのにね!

 

この後

分蜂の予行演習なのか一斉に飛び立ち

周辺をぐるぐる回って数分後に

巣箱の中にみんな戻って行きました。

 

『May the Honey bee with you』

=====================

『日本みつばちと共に暮らす』がテーマのBee's knees Farmers

在来種である日本ミツバチの保護と生息環境の改善、

生態数の回復を目指した愛護活動をしています。

オスバチと旋風隊

働きバチの世代交代も一通り収束してきて

新たにオスバチが誕生してきました。

 

体格が一回り大きく見た目がまっ黒で

ミツバチの特徴である縞模様がないので

すぐにオスバチだと分かります。

 

f:id:do-one:20180407022352j:plain

 

羽音も少しだけ重低音で人の方へ近寄ってくるので

ちょっとビックリしますが針を持っていないため

刺されることはありません。

 

オスバチが誕生してきたら分蜂ももう間近かです。

 

新たな女王蜂の誕生に向けて働きバチはフル出動で

花粉をたくさん集めてきます。

 

f:id:do-one:20180407022429j:plain

 

蜜もどんどん貯まってくるので

水分を飛ばして純度の高いハチミツを作るため

ミツバチ旋風隊が巣箱内に風を送ってます。

 

f:id:do-one:20180407022453j:plain

 

今年も美味しいハチミツが採れそうです。

 

『May the Honey bee with you』

=====================

『日本みつばちと共に暮らす』がテーマのBee's knees Farmers

在来種である日本ミツバチの保護と生息環境の改善、

生態数の回復を目指した愛護活動をしています。

世代交代

桜の開花も発表されずいぶんと暖かくなってきました。


長い冬を乗り越えて多くのミツバチ達が寿命を迎えています。


通常ミツバチの寿命はおよそ1ヶ月。

冬の間は女王が卵を産まないので

群れを維持するため寿命は2,3ヶ月に伸びると言われています。

 

冬の間、寒さから群れを守り続けてきたミツバチ達も

暖かくなり女王が卵を生み始め新しい世代が誕生しだしたので

静かにその役割を終えていきます。

 

f:id:do-one:20180329085318j:plain

 

ミツバチは仲間が巣箱内で息を引き取ると

外に持ち出して離れた所に埋葬します。

 

ですが仲間を抱えて外に連れ出すのは結構大変な作業です。

 

そこで、この作業をしなくて済むように

もっと花粉や蜜集めに専念できるように巣箱に一工夫細工を加え

亡骸が集まる仕組みを作っています。

 

普通は仲間が埋葬しに行ったり、自ら死に場所を求めて出ていくので

この時期これだけの世代交代が行われているのを知らない養蜂家さんも多いです

 

f:id:do-one:20180329085334j:plain

 

『May the Honey bee with you』

=====================

『日本みつばちと共に暮らす』がテーマのBee's knees Farmers

在来種である日本ミツバチの保護と生息環境の改善、

生態数の回復を目指した愛護活動をしています。

分蜂捕獲機

独自に考案した分蜂群の捕獲機を今年は試してみる予定です。

 

成功すればかなり高い確率で分蜂群を保護できるのですが

どうなるのか楽しみです。

 

企業秘密なので器具はお見せすることが出来ませんが

実績と効果が立証されたら一般公開しようと思います。

 

f:id:do-one:20180324014724j:plain

 

『May the Honey bee with you』

=====================

『日本みつばちと共に暮らす』がテーマのBee's knees Farmers

在来種である日本ミツバチの保護と生息環境の改善、

生態数の回復を目指した愛護活動をしています。

魔法の誘引液

もう間もなく分蜂時期になるので待ち受け箱を数ヶ所に設置しました。


一般的に待ち受け箱にはミツロウを塗るのですが

私の場合は独自に精製した誘引液を巣箱内に塗ります。

 

今年は設置箇所も設置数も増えたので気に入って貰える場所があればいいのですが

その場所でベストと思えるポジションに置いているので後は待つのみです。

 

f:id:do-one:20180312195737j:plain

f:id:do-one:20180312195755j:plain

 

『May the Honey bee with you』

=====================

『日本みつばちと共に暮らす』がテーマのBee's knees Farmers

在来種である日本ミツバチの保護と生息環境の改善、

生態数の回復を目指した愛護活動をしています。

交流

セルラボ主催

「日本蜜蜂の巣箱造りワークショップ」に参加してきました。

 

講師は『福8堂』の吉武琢磨 先生

養蜂のために東京から地元大分県玖珠市に移住。

ミツバチをこよなく愛しながらもミツバチのためなら何でもするというわけではなく

自然界の生態系を尊重した養蜂を営んでいます。

 

f:id:do-one:20180312182845j:plain

 

今回制作の巣箱は従来の方法を踏襲しながらも

吉武さんの経験と知識を踏まえて

細部に独自技術が活かされた巣箱です。

 

ミツバチの入居率が高まる!!!

 

と、予測して考案された実験段階中の巣箱ですが

ミツバチのことを考えた構造になってます。

 

女性が多く参加されていて私は巣箱造りはせずに皆さんのお手伝いをさせてもらいました。

 

f:id:do-one:20180312182937j:plain

 

セルラボ周辺はミツバチにとてもいい環境なので

設置した巣箱全部に入居してくれると嬉しいです。

 

『May the Honey bee with you』

=====================

『日本みつばちと共に暮らす』がテーマのBee's knees Farmers
在来種である日本ミツバチの保護と生息環境の改善、
生態数の回復を目指した愛護活動をしています。

社会復帰

冬の間ずっと引きこもって溜め込んでたハチミツを

食べ尽くしたミツバチさん達

 

f:id:do-one:20180303015200j:plain

 

暖かくなってきてようやく働きに出かけてます。

 

f:id:do-one:20180303015227j:plain

 

足元のおぼつかない子もいますが社会復帰出来ました。

 

『May the Honey bee with you』

=====================

『日本みつばちと共に暮らす』がテーマのBee's knees Farmers

在来種である日本ミツバチの保護と生息環境の改善、

生態数の回復を目指した愛護活動をしています。