Bee's knees Farmers

ミツバチを通じて広く地域社会、環境、経済に貢献し、自然との調和、自然からの学び、自然からの恵みを大切にしています。

生き物とわたしたちの暮らし展

5/19~5/25

福岡市役所内1Fロビー

さわらみなみニホンミツバチ組合ブースに

ミツロウリップ&クリームを置かせてもらってます。

 

f:id:do-one:20170605112456j:plain

 

ハンドクリームはご自由に使われて結構ですし

レシピカードもご自由に持って帰られて構いませんよ~!

 

f:id:do-one:20170605113248j:plain

 

『May the Honey bee with you』

給餌

冬の食糧難を見越した初の試みとして

花粉を主成分とした餌を与えてみました。

 

最初は見向きもしなかったみつばち達ですが

日を置いて観察すると少なからず餌に集まっているようです。

 

f:id:do-one:20170605115800j:plain

f:id:do-one:20170605115541j:plain

 

花粉はみつばち達にとってハチミツよりも栄養価の高い食料です。

成分がそれぞれ違うのでみつばち達にはハチミツも花粉も

両方必要な食料であることは間違いないのですが

先日、みつばちが貯蔵している花粉を食べてみたところ酸っぱい味がしました。

 

f:id:do-one:20170605120101j:plain

 

日本ではまだまだ馴染みは少ないですが

ヨーロッパでは古くから「ビーポーレン」と呼ばれ

ミツバチの花粉が食用としてあります。

 

ミラクルフード、パーフェクトフードとして

近年では海外セレブにも人気があるようです。

 

『May the Honey bee with you』

ワークショップ

博多南駅ビル内の『こととば那珂川』さんでワークショップを開催しました。

 

今回は始めにプロジェクターを使用して

日本みつばちの生態や生息に関して少しお話しさせてもらい

f:id:do-one:20170517101800j:plain

f:id:do-one:20170517101826j:plain

 

ワークショップでは

みつばちの巣からミツロウを精製し

リップクリームを作るところまで

少し時間をかけてみました。

f:id:do-one:20170517101843j:plain

 

『こととば那珂川』さんは集まる人も空間も

雰囲気がいいので楽しいですね!

 

『May the Honey bee with you』

待ち箱設置

今年の分蜂時期にそなえ待ち箱と仕掛けを

みつばち達が来そうな場所へ置いてきました。

f:id:do-one:20170517101255j:plain

 

分蜂とはみつばち達が繁殖するために世帯別れをする

年に一度の一大イベントです。

 

3月から6月の間にみつばち達は住み心地のよい家を見つけ

みんなで協議した後よければそこへ移り住みます。

f:id:do-one:20170517101336j:plain

 

野生の日本みつばちは何処にいるか分からないし

人が作った巣箱より自然にできた場所を好むので

捕獲率が大変低いと言われています。

f:id:do-one:20170517101415j:plain

 

広大な自然の中からまずはみつばち達に巣箱を見つけてもらうこと

そして、巣箱がみつばち達に気に入られること

そのために仕掛けも用意します。

 

ハードルは高いですがみつばち達が移り住んできた時の喜びはひとしおです。

 

『May the Honey bee with you』

整地

年が明けてから2月いっぱいまで飼養場の整地を進めていました。

 

見学に来られた方は草ボーボーの壮絶な現場を覚えているかもしれませんが(笑)

実は飼養場周辺は梅林なのです。

 

before

f:id:do-one:20161008190636j:plain

 

人も入れないような密林地帯でしたが雑草を刈り、竹を切り倒し、

梅の木を剪定してようやく人が入れるぐらいまでスペースを確保しました。

 

after

f:id:do-one:20170326133523j:plain

f:id:do-one:20170326133609j:plain

 

ココを訪れるみなさんが出来るだけ快適に過ごせるような空間としたく

那珂川町の地域活性に日本みつばちがお役にたてればと勝手に思い込んで

独自に活動しています。

 

日本ミツバチがつなげる人、街、里山、未来

 

『May the Honey bee with you』

梅の花が咲き始めています。

巣箱を置いてある周りの梅の木は全て白梅です。

 

花が少ない冬はみつばち達にうってつけの蜜源ですね。

6月には実も採れますし梅のはちみつ漬けもできそうです。

 

『May the Honey bee with you』

f:id:do-one:20170324005315j:plain

 

巣箱(待ち受け箱)譲ります

今年の分蜂に向けて巣箱を山のように作っています。

分蜂とはミツバチ達にとっての繁殖時期で年間を通して1度きりです。

 

北部九州では大体3月下旬~6月初旬までの間が分蜂の時期となり

この期間中に一斉に世帯別れしてその数を増やしていきます。

 

しかし、巣の中に居ることのできる女王蜂は1匹のみです。

分蜂により世帯が増えた時は新しい女王蜂が巣に残り

元居た女王蜂は働き蜂を半分ほど連れて巣を飛び出し

新しい新居を探さなければならないのです。

 

この時にミツバチが訪れる場所に空の巣箱を置いておくと

そこを新居としてミツバチ達が住み着き巣作りを始めるのです。

 

最初はこうやってミツバチ達を巣箱に呼び込んで飼養するのですが

ただ単に空の巣箱を置いておけばミツバチが来るというわけではありません。

 

そこにはミツバチを呼び込むための様々な技術が必要になるのです。

そしてこの時期を逃すとまた来年まで待たなければいけなくなります。

 

現在、分蜂時期に向けて巣箱を制作しています。

もし日本ミツバチを飼ってみたい方がいれば

まとめて作りますので連絡ください。

 

もちろん材料、製作費などは頂きますが

巣箱設置や飼養に関するアドバイスはさせていただきますので

はじめてでどうしたらよいかわからない方もご安心ください。

 

Bee's knees Farmersでは飼養率向上のため

日本ミツバチの飼養にチャレンジするあなたを応援します。

 

『May the Honey bee with you』

 

f:id:do-one:20170324004741j:plain